深夜の衝撃!寝室から空き巣に入られる!

ある冬の日の深夜、私の母親が大きな声を上げて私の部屋に駆け込んできました。私は何事かと思い、話を聞いたところ「空き巣に入られた。しかも私達の寝室から」と言われ、その現場を見に行きました。
両親の寝室は1階だったのですが、その部屋にある窓が開けられた状態になっており、寝室を出た後は他の部屋を物色することなくそのまま玄関から逃げていったようでした。しかも、寝室には飼っていた犬が寝ていたのですが、全く吠えることがなかったため、両親も全く気付かなかったようです。被害と言えば、寝室にあった財布が消えていましたが、幸いなことに財布の中には3,000円程度しか入っていなかったため、大きな被害を出さずに済みました。
その後、警察の方に来てもらいすぐに現場検証が行われました。その結果、窓を閉めていなかったことが原因だと判明しました。また、事件があった時の状況を説明すると「おそらくこの犯人は、他の部屋を物色することなくすぐに現場を立ち去ったため常習犯だと思われます。もし、寝室に入るところで起きてしまったら、最悪の事態も考えられます。」と言われました。
私の家は地方にあるため人通りも少なく、治安も良いことで有名な場所です。しかし、私達のミスとはいえ、まさかこんな寒い日に空き巣に遭うなんて思いもしませんでした。このとき、空き巣の常習犯が近くにいるのだと分かり、都会だけでなく田舎に住んでいても何が起こるか分からないんだと心を引き締め直した瞬間でもありました。
現在では、部屋の戸締りは忘れずにするように毎日チェックをしながら行っています。また、鍵もすべて新しい物に変え、二重ロックやチェーンなどできるだけ厳重に戸締りをするように心掛けています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る